これから、少しずつ心理学・臨床心理学・精神医学の話を書いていきます。
私自身は、心理学者でも臨床心理士でもカウンセラーでも精神科の医者でもありません。

しかし、マスターの時は2年間学習心理学の研究室にいたので、まったくの心理学の
初心者というわけでもありません。

ここでは、備忘録も兼ねて、少しずつ記事を書いていこうと思います。
間違ったことは書かないように気をつけますし、極力出典を記載しようとも思います。
また、部分にこだわらず、全体の流れを重視して、読む人に、自分の現在位置が
分かるようにもしたいと思います。

ただし、くれぐれも安易に流用することはしないでください。
できれば、専門家の意見を聞いてほしいですし、使うときは自己責任にてお願いします。

精神疾患分類には米国精神医学界のDSM-IVとWHOが策定したICD-10があります。
ICD-10の方は精神疾患に限らず人がかかる病気一般について分類されており、
そのうち精神疾患に関わる部分はF項目としてまとめられています。

私のブログでは、DSM-IVとICD-10のうち、日本の精神科でも広く使われている
DSM-IVを使って話をしたいと思います。
現在のDSMのバージョンはDSM-IV-TRとなっています。
このうち、診断の手引きを抜き出したものはMINI-Dと呼ばれている(そうです)。
私が持っているのもこのMINI-Dです。
以下、特に記載がない場合はDSM-IV-TR MINI-Dを元にしていると思ってください。

さて、早速本論に入りましょう。
精神疾患には以下の項目が挙げられています。

  1.通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害
  2.せん妄、認知症、健忘障害、および他の認知障害
  3.一般精神疾患による精神疾患
  4.物質関連障害
  5.統合失調症および他の精神病性障害
  6.気分障害
  7.不安障害
  8.身体表現性障害
  9.虚偽性障害
 10.解離性障害
 11.性障害および性同一性障害
 12.摂食障害
 13.睡眠障害
 14.他のどこにも分類されない衝動制御の障害
 15.適応障害
 16.パーソナリティ障害
 17.臨床的関与の対象となることのある他の状態

実際の診断はこれらの分類とI軸からV軸までの多軸評定を使って行われるそうですが、
多軸評定についてはここでは割愛します。

各項目で青くなっているところをクリックすると詳細説明に飛びます。


トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1235, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2012-12-07 (金) 05:10:48
最終更新: 2013-06-07 (金) 02:07:24 (JST) (1418d) by Adjunction